トップページ >  視力回復コラム

視力回復に関するレーシック手術

近年では、視力の矯正のために眼鏡やコンタクトレンズをつけるという方法だけでなく、外科手術によって裸眼視力を矯正するという技術が開発され、普及しつつあります。

これは、レーシックと呼ばれています。広告やニュース、クチコミ評判などで、名前だけでも聞いたことがあるという方は少なくないでしょう。

そしてもっと言えば、身近にレーシック手術の体験者がいるという方も、増えてきているところだと思います。私の周囲にも3人います。それだけ急速に広まりつつあるということが実感できます。

レーシック手術のデメリット

レーシック手術は、とても安全性が高くメリットの多い視力矯正法ですが、ここでデメリットやリスクについて書いておこうと思います。

まず、安全性が高いといってもそれは100%、絶対に安全ということではありません。手術の結果失明するというリスクはほぼありません。それは、失明の恐れがあるほど目の奥の器官に対して刺激を加えるような術式ではないからです。

レーシック手術のメリット

現在、アメリカでは年間130万もの症例(手術件数)が報告されているレーシック。そして、病院ごとの症例数ではなんとトップを誇るクリニックは日本にあります。

アメリカよりも数年遅れてレーシックを取り入れた日本ですが、世界一の症例数を誇るクリニックが日本にあるということは、日本でもそれだけ加速度的にレーシックを受ける人が増えたということを表していますね。

保障制度が確立しているレーシック眼科

保障制度はとても大切

レーシックは世界的に見ても失明などの重篤な失敗例のない、とても安全性の高い手術です。ですが、手術である以上は100%安全と言い切ることはできませんし、実際に視界の違和感や矯正不足、過度のドライアイなど、軽度の不具合は僅かながら存在しています。

レーシック後にこういった症状が表れた場合は、再手術によって治る可能性がとても高いんですが、保障がないクリニックで受けてしまうと改めて費用が発生してしまうことも少なくありません。