トップページ >  > レーシック手術のデメリット

レーシック手術のデメリット

レーシック手術は、とても安全性が高くメリットの多い視力矯正法ですが、ここでデメリットやリスクについて書いておこうと思います。

まず、安全性が高いといってもそれは100%、絶対に安全ということではありません。手術の結果失明するというリスクはほぼありません。それは、失明の恐れがあるほど目の奥の器官に対して刺激を加えるような術式ではないからです。
しかし、合併症・感染症を引き起こすということはあります。
これはデメリットというよりも、リスク(危険性)という確率論ですが、とても低い確率とはいえ手術後に、いくつかの合併症が引き起こされることはありえます。

たとえば、暗闇で極端に視力が落ちる、暗いところでの明かり(夜の街灯など)がとても眩しく感じる、ライトのようなものは光の輪郭がぼやけて見える、などです。

これらの合併症は、どうしても起こる確率を0%にはできませんので、術後しばらくの間この症状を訴える方はいますが、視力が安定すると共になくなっていきます。つまり一時的なものであることがほとんどです。

また、感染症は、手術を行う手術室や道具の衛生環境、衛生状態が不適切である場合に起こります。こればかりは、病院の責任です。クリニックを選ぶ際に、衛生的で、感染症の症例数が少ないところを選べるように心がけるとリスクを軽減できるでしょう。


気をつけていただきたいことに「過矯正」というものもあります。視力が良くなりすぎることで、目に過度の負担がかかってしまう状態です。

視力は、その数値が高ければそれで良いということではなく、ましてや元々近視で過ごしてきた人が裸眼の視力を矯正するわけなので、左右での見え方のバランスやあまりに見えすぎて脳が疲れてしまうということはなるべく避けた方が良いです。

そこで、やみくもに「2.0にしてください!」という話に持っていくのではなく、自分に最も適した視力や見え方について、担当医師と話し合うことが大事です。
レーシック手術は、とても安全性が高くメリットの多い視力矯正法ですが、ここでデメリットやリスクについて書いておこうと思います。まず、安全性が高いといってもそれは1