トップページ >  > レーシック手術のメリット

レーシック手術のメリット

現在、アメリカでは年間130万もの症例(手術件数)が報告されているレーシック。そして、病院ごとの症例数ではなんとトップを誇るクリニックは日本にあります。

アメリカよりも数年遅れてレーシックを取り入れた日本ですが、世界一の症例数を誇るクリニックが日本にあるということは、日本でもそれだけ加速度的にレーシックを受ける人が増えたということを表していますね。
はじめはやはり、有名人やスポーツ選手が受けるところからでした。眼鏡が仕事の邪魔になることもある職業ですし、比較的収入に恵まれているので両目で何十万という手術費もすぐに払えたからでしょう。

一番最初のケラトームレーシックは、現在のレーザー式のイントラレーシックなどが出てきたことでだいぶ価格は下がりましたが、いつでもそのときの最新の技術は高いものですから。

その後、一般の方の間でもだいぶ普及してきましたので、私の周囲だけでも3人、レーシック経験者がいます。そして、近視がとても多い日本ですから、これからもレーシックを受ける人は増加傾向にあると思われます。

レーシックを受けることのメリットはまず何より、裸眼の視力が矯正されて眼鏡やコンタクトレンズが不要になることです。

もし、眼鏡やコンタクトレンズを今後死ぬまで何十年も作り変えたり、維持したりを繰り返していくことを思うと、レーシック手術一回分の出費とあまり変わりません。その上、眼鏡やコンタクトのように着脱の手間や、お手入れなども不要です。

そして、視力が矯正されることで、目が悪いことで背負う怪我などのリスクからも解放されますし、目が悪いことそれ自体や眼鏡・コンタクトなどのアイテム使用による疲れとも無縁になります。

それに一部スポーツにとっては、眼鏡は特に邪魔になりますから、裸眼の視力を高めることでやりにくかったスポーツが快適にできるようになったり、また裸眼視力が一定以上であることが条件とされている職業に就けるようになったりもします。
現在、アメリカでは年間130万もの症例(手術件数)が報告されているレーシック。そして、病院ごとの症例数ではなんとトップを誇るクリニックは日本にあります。アメリカ