トップページ >  > 視力回復に関するレーシック手術

視力回復に関するレーシック手術

近年では、視力の矯正のために眼鏡やコンタクトレンズをつけるという方法だけでなく、外科手術によって裸眼視力を矯正するという技術が開発され、普及しつつあります。

これは、レーシックと呼ばれています。広告やニュース、クチコミ評判などで、名前だけでも聞いたことがあるという方は少なくないでしょう。

そしてもっと言えば、身近にレーシック手術の体験者がいるという方も、増えてきているところだと思います。私の周囲にも3人います。それだけ急速に広まりつつあるということが実感できます。
レーシックとは、角膜をレーザーなどで削ることで目に入ってくる光の曲率を変え、焦点を合いやすくするもので、基本的には遠視より近視の矯正に向いている手術です。
現在はこの角膜を削るという処理をレーザーで行うものが、安全で精度も高いため主流となっています。

レーシックのメリットは、
・裸眼の視力矯正であるため、眼鏡やコンタクトレンズなど、つけたりはずしたりする必要のあるアイテムでの視力矯正が不要となる
・手術が短時間で済む
・手術中痛みを感じない
・回復が早いので、術後数日ですぐに術前に比べて格段に良い視力を実感できる
などです。

PCに向かって仕事や趣味を行う人は多く、さらに一日あたりのPC使用時間も10年前などに比べれば圧倒的に長くなっていますね。

すると、目を酷使しなかった場合には二十歳前後で止まる筈の、成長に伴う近視の進行とは別で、眼精疲労の蓄積から更に近視が進んで何度も眼鏡やコンタクトを作り直す必要があったりします。

これにかかる費用を一生分試算してみると、レーシック手術を受けた方が安く上がる場合すらあります。

とても安全性と精度の高い、レーザーでのレーシックは、年々価格も下がっていっていますし、分割払いも可能であるため、いざ手術を受けてみると、「もっと早くに受ければよかった」という感想を抱く方は少なくないようです。
近年では、視力の矯正のために眼鏡やコンタクトレンズをつけるという方法だけでなく、外科手術によって裸眼視力を矯正するという技術が開発され、普及しつつあります。これ