トップページ >  > 保障制度が確立しているレーシック眼科

保障制度が確立しているレーシック眼科

保障制度はとても大切

レーシックは世界的に見ても失明などの重篤な失敗例のない、とても安全性の高い手術です。ですが、手術である以上は100%安全と言い切ることはできませんし、実際に視界の違和感や矯正不足、過度のドライアイなど、軽度の不具合は僅かながら存在しています。

レーシック後にこういった症状が表れた場合は、再手術によって治る可能性がとても高いんですが、保障がないクリニックで受けてしまうと改めて費用が発生してしまうことも少なくありません。

これは不具合の原因がどこにあるのか、またはどの程度特定できるのかによって異なりますが、やはり保障があるところを最初から選ぶほうが間違いがないと言えるでしょう。

今では大手クリニックなら技術的にはほとんど違いがありませんから、保障内容で選ぶというのも賢い選択ですね。

保障がしっかりしているレーシック眼科

レーシックに限らず保障を付けるということは、潜在的なコストを負担するという意味でもあります。ですから、やはり大手のレーシック眼科のほうが保障が充実しているということになります。

特に品川近視クリニックでは、手術の翌日・1週間後・3ヵ月後などの定期健診を含め最長で12年間の保障を用意していますから、保障の長さを重視する場合は一番のお勧めです。

またSBC品川近視クリニックの場合、定期健診を含めた最長10年間の保障を行っており、こちらも保障制度のしっかりしたレーシック眼科と言えますね。

10年ともなると、それ以降はほぼ関係ないと言えるくらいの長さですから、このどちらかなら安心してレーシックを受けることができると言えるでしょう。

保障制度はとても大切 レーシックは世界的に見ても失明などの重篤な失敗例のない、とても安全性の高い手術です。ですが、手術である以上は100%安全と言い切ることはで