トップページ >  レーシックの質問コーナー

角膜ヘルペスになっていてもレーシックはできるの?

過去に角膜ヘルペスを患ったことがある人も、レーシックの施術を受ける事は可能です。

しかし、過去に一度でも角膜ヘルペスを患ったことがある人の場合は、ヘルペスが再発してしまう可能性がありますし、完全にヘルペスのウィルスがなくなったわけではありませんので、術後の回復が遅れてしまうこともあります。

レーシック手術で目が良くなりすぎる過矯正のリスクは?

レーシックの施術を受けたことによって視力が良くなり過ぎてしまい困っているというクチコミを見ることがあります。

レーシックの施術を受ける前というのは、コンタクトレンズやメガネをしないと色々な物が見えないと思いますが、レーシックの施術を受けることによって裸眼で様々なものが見えるようになります。

レーシック手術中に眼が動いて失敗しない?

レーシック手術は、黒目の上の部分の角膜を削ることで矯正視力を出します。しかし、手術中、つい目を動かしてしまいそうですよね。

動かしたら削っている部分もずれるのでは...?と、不安に思っている人も多いのではないでしょうか。

フェイキックIOLってどんな施術?

フェイキックIOLとは

フェイキックIOLって、なんだか難しそうな響きの名前ですね。これはレーシックと同じように近視を矯正するための施術ですが、原理や実際の手術内容はレーシックとは大きく異なる、比較的新しい技術です。

近視の原因となるのは、目のピント調節機能の低下ですよね。しっかりとピントが合わずにぼやけてしまう視界を矯正することで視力を良くするわけですが、レーシックの場合この調節は角膜を削ることによって行います。

一方でフェイキックIOLの場合、角膜を削るのではなくコンタクトレンズのような人口のレンズを角膜の下に装着することでピントを正しく修正し、視力を向上させます。

レーシックの場合はあまりに強度の近視は、矯正可能な範囲を外れてしまうんですが、フェイキックIOLならそうした強い近視にも十分対応できるという違いがあります。

また、レンズを装着するだけですから、レンズの入れなおしによって術後の調整が可能な点も普通のレーシックにはないメリットですね。


費用面がデメリットに

レーシックは普及と共に手術費用もかなり下がってきましたが、フェイキックIOLの場合は片目で40万円前後と非常に高額です。これがフェイキックIOLの一番のデメリットでしょう。

手術の内容としては、数ミリ程度に切開した部分からごく小さなレンズを挿入するだけですから、レーシックよりも術後は安定しています。費用以外には特にデメリットがないというのは大きな特徴ですね。

また、レーシックで良く言われるような大きく矯正した際の眩しさなどの問題もありません。こうした点から、最近ではレーシックが可能な人でもフェイキックIOLを選ぶ人が増えているようです。