トップページ >  > 角膜ヘルペスになっていてもレーシックはできるの?

角膜ヘルペスになっていてもレーシックはできるの?

過去に角膜ヘルペスを患ったことがある人も、レーシックの施術を受ける事は可能です。

しかし、過去に一度でも角膜ヘルペスを患ったことがある人の場合は、ヘルペスが再発してしまう可能性がありますし、完全にヘルペスのウィルスがなくなったわけではありませんので、術後の回復が遅れてしまうこともあります。
そういったリスクがあるということをしっかりと認識しておく必要があります。
またクリニックによっては、角膜ヘルペスを患ったことがある人は施術ができないというところもあります。ですからまずは自分がレーシックの施術を受ける際に、クリニックで確認することが大切です。

ヘルペスというのは角膜だけではなく、唇などにもできることがありますが、こうした部分にヘルペスができたことがある人でも、レーシックの施術を断っているというクリニックもあります。

レーシックの施術を行うことができるクリニックの場合であっても、やはり術後の経過が悪くなってしまうようなことがありますので、通常のレーシックの施術に比べると、自分が気をつけなければいけないことが沢山あります。

清潔にするのはもちろんですが、ストレスを感じてしまったりするとヘルペスのウイルスが働き出してしまいますから、術後の経過が更に悪くなってしまいます。
そのために、できるだけ過ごしやすい状況の中で術後の回復を待つようにしてください。

余談になりますが、レーシックの施術を受けたことによってヘルペスが、完全に治るといったようなこともありません。
過去に角膜ヘルペスを患ったことがある人も、レーシックの施術を受ける事は可能です。しかし、過去に一度でも角膜ヘルペスを患ったことがある人の場合は、ヘルペスが再発し