レーシックでは確定申告の医療費控除が可能なの?

医療控除とは

短時間で視力を回復するレーシックは便利ですが、やはり手術費は高額となっているので、簡単に受けることができない人もいますよね。

少しでもお得にレーシックする方法を考えると、レーシックの手術も治療の一つですから、確定申告の際に医療費控除の対象となる可能性があります。

医療費控除とは、1月~12月の間で、本人や家族がその期間中支払った医療費が10万円以上を超えた場合に、確定申告の際に申告することによって、税金として一部還付されることになっているシステムです。

この医療費控除の対象となっているのは、手術代だけではなく、通院や入院時に必要となるバス、電車代も対象となっているので、領収書などを取っておき、合計金額で申告することができるのです。
 

医療控除の必要書類

レーシック手術を受けて医療費控除を申請する際には、どのような手順で行い、また必要とされる書類は何を揃えればいいのでしょうか?

1月~12月の一年間で支払った医療費の合計が10万円以上になる場合は、申告する必要がありますから、まず、それらの領収書を細かく取っておく事が大切です。

確定申告の方法は、税務署のホームページを参考にするか、窓口で確認することができます。

医療費控除を受けるために必要な書類とは下記の3つです。

医療費控除の申告書
医療費の領収書
医療費明細書

この中で「医療費控除」の申告書類作成の時には、下記などが必要となっています。

源泉徴収票
医療費領収書
医療を受ける時にかかった交通費の控え

 

医療控除の注意点

レーシックを行っている眼科でも、医療費控除の申請方法を教えてくれるところもあるようです。また、手術前の説明の際に、医療費控除の対象となることを説明してくれるところもあります。

しかし、今までかかった医療費の全額が戻るわけではないようです。また、申請した額によって、還付金も変わってくるので、自分の医療費だけではなく、一緒に生活している家族も一緒に申請することも忘れてはいけません。

レーシックの手術が確実に医療費控除の対象なっているわけではないので、確認するには管轄の税務署に問い合わせてみるとよいでしょう。