眼科杉田病院(名古屋)の特徴!レーシックと眼の治療

名古屋レーシックガイドのドクターK大切な眼に関わる事だから、少しでも安全な手術を望みたい。確かな技術で数多くの患者様を受け入れる眼科杉田医院では、最新のテクノロジーを詰め込んだ眼科用医療機器で確かな手術を可能にします。

白内障手術の進行プラン策定に役立つ計画用ソフト、フェムトセカンドレーザーの精密照射と患者様の負担を軽減する手術装置など、最先端の医療テクノロジーで低リスクな施術を実現します。
 

【特徴1】解析装置の最新化で、より適切な治療ビジョンを描き出す

眼科杉田病院の公式サイト

眼の異常では、視野角の狭小化など細かな異変が多くみられます。

自動視野計「HFAⅢ」は、視野異常がみられる患者様の治療方針の策定や、術後の経過回復に役立つ測定データを統計学によって割り出し、より確度の高い解析データを提供します。

超広角走査レーザー検眼鏡「Optos-200Tx/P200DTx」は、網膜部の画像を200度の角度で、ほぼ全ての領域にわたり高解像度撮影するための装置です。

これにより視認観察が困難な網膜周辺の異常を、高確率で検出することを可能にしています。

「RS‐3000 Advance」は、眼の病気として発症例の多い緑内障の観察が得意な機器。黄班~視神経にかけて、顔や眼の動きに影響されない解析データの取得を実現します。

これらの高精度解析機器の導入により、手術前の病状診断や術後観察において、信頼性の高いデータを得られるようになっています。
 

 

【特徴2】精密な手術マシンの導入で、患者様負担の少ない正確な処置を実現

同院の手術に用いられる各種の先進機器は、かつての眼球手術に比べて飛躍的な安全性をもたらしました。

眼球止血に使われるレーザー光凝固装置「オプティメディカPASCAL」は、精密な照射位置で適正なサイズの凝固班を形成。切開を必要とせず、痛みの少ない止血措置を施すことができます。

白内障治療のためのレーザー手術装置「LenSx」を使えば、術者の経験や技術に左右されない的確なレーザー操作が可能。角膜負担を軽減させた構造で患者様の快適性を向上させ、レーザーによる切開の正確性を高めます。

「アドバンスドフェムトセカンドレーザー」は、角膜手術用の高速レーザー切開装置です。

断面が均一化された角膜フラップを切り取る性能を持ち、切除部表面の角膜層をなめらかにすることで、正確な矯正手術に役立つ先進医療機材です。

これらの機器を用いることで、緻密な操作が必要とされるレーザー照射の正確性を高めることに成功しているのです。
 

【特徴3】丁寧な説明で患者様の疑問に応え、手術前の不安を解消する

眼科杉田医院の特徴は、機材だけではありません。眼の手術を考える患者様の不安はとくに大きく、手術中のリスクや術後の経過予想など、気になる点はたくさんあります。

手術方法やリスクについて、実際の手術を記録したビデオ映像を交えながら丁寧に説明。手術の必要性を感じるものの決断に踏みきれない患者様には、無料で受けられる簡易検査と専門医の診察でサポートします。

手術時間は約20分と短く、両眼同時で日帰り可能な快適性。術後の経過観察によるアフターフォローも適切に行い、ほんのわずかな異常の兆候も見逃しません。

人間の情報収集に大きな役割を担う眼球への手術は、極めて高い正確性と緻密なケアが肝心です。術前・術後の観察も、高精度なレーザー手術も、全ては患者様の安全と安心のためにあるのです。

もちろん、最新機器に負けないスタッフ各位の真摯な対応も、当院を利用する患者様に高い評価をいただいている理由です。