フェイキックIOLってどんな施術?

フェイキックIOLとは

フェイキックIOLはレーシックと同じように近視を矯正するための施術ですが、原理や実際の手術内容はレーシックとは大きく異なる、比較的新しい技術です。

近視の原因となるのは、目のピント調節機能の低下ですよね。しっかりとピントが合わずにぼやけてしまう視界を矯正することで視力を良くするわけですが、レーシックの場合この調節は角膜を削ることによって行います。

一方でフェイキックIOLの場合、角膜を削るのではなくコンタクトレンズのような人口のレンズを角膜の下に装着することでピントを正しく修正し、視力を向上させます。

レーシックの場合はあまりに強度の近視は、矯正可能な範囲を外れてしまうんですが、フェイキックIOLならそうした強い近視にも十分対応できるという違いがあります。

また、レンズを装着するだけですから、レンズの入れなおしによって術後の調整が可能な点も普通のレーシックにはないメリットですね。

費用面がデメリットに

レーシックは普及と共に手術費用もかなり下がってきましたが、フェイキックIOLの場合は片目で40万円前後と非常に高額です。これがフェイキックIOLの一番のデメリットでしょう。

手術の内容としては、数ミリ程度に切開した部分からごく小さなレンズを挿入するだけですから、レーシックよりも術後は安定しています。費用以外には特にデメリットがないというのは大きな特徴ですね。

また、レーシックで良く言われるような大きく矯正した際の眩しさなどの問題もありません。こうした点から、最近ではレーシックが可能な人でもフェイキックIOLを選ぶ人が増えているようです。
 

フェイキックIOL

「フェイキックIOL」と「レーシック」とを比較してみましょう。 同じ視力矯正手術であるレーシックの場合、先に述べたように角膜の表面を薄く削ってフラップ(ふた)をつくり、その内部にレーザーを照射して視力を矯正します。この方法で多くの人が視力を改善していますが、生まれつき角膜が薄い人や視力が極端に悪い人は角膜を削るリスクが高くなるため受けられません。
このような人は度の強いメガネやコンタクトレンズを使用する以外に方法はありませんでした。しかし「フェイキックIOL」という術式によって、裸眼の視力を安全に1.0以上にまで回復する可能性が高くなったのです。