フェイキックIOL・ICLってどんな施術?

ICLレンズ

フェイキックIOL・ICLとは

名古屋レーシックガイドのドクターKフェイキックIOL・ICLは眼内コンタクトレンズのこと。

レーシックと同じように近視を矯正するための施術ですが、原理や実際の手術内容はレーシックとは大きく異なる、比較的新しい技術です。

近視の原因となるのは、目のピント調節機能の低下です。

ピントが合わずにぼやけてしまう視界を矯正することで視力を良くするわけですが、レーシックの場合この調節は角膜を削ることによって行います。

一方でフェイキックIOLの場合、角膜を削るのではなくコンタクトレンズのような人口のレンズを角膜の下に装着することでピントを正しく修正し、視力を向上させます。

レーシックの場合はあまりに強度の近視は、矯正可能な範囲を外れて受けられないのですが、フェイキックIOLならそうした強い近視にも十分対応できるという違いがあります。

また、レンズを装着するだけですから、レンズの入れなおしによって術後の調整が可能な点も普通のレーシックにはないメリットですね。

フェイキックIOLとICLの違い

よく質問があるのがフェイキックIOLとICLの違いです。

日本ではICLの方が一般的になっていますが、実はICLはフェイキックIOLの後房型レンズの一種なのです。

後房型フェイキックIOLのレンズ名がICLです。

詳しくはアメリカのスターサージカル社の商品名がICLなのですが、日本ではICLというと眼内コンタクトレンズ全般を指して使われることも多いです。

ICLのレーシックにはないメリット

視力に関する手術(屈折矯正手術)として非常に有名なのが、レーシックです。

著名人や有名スポーツ選手でレーシックを受けた方も多いため、その知名度は群を抜いています。

レーシックと比べてのICLのメリットは、ずばり、元に戻すことができる、という点です。

レーシックでは手術の際に眼の角膜を削ります。削ってしまうのですから、後から元に戻すことはできません。

それに対してICLは角膜を削らず、レンズをインプラントする(移植する)ことで視力を矯正します。角膜が削られていないため、術後も角膜自体の状態は変わらないのです。

これはつまり、レンズを取り出せば以前と同じ状態に戻すことができる、ということでもあります。
レーシックと比べた場合、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

また、レーシックでは他にも注意すべき事態が起きる可能性がありますが、ICLではいずれの心配もありません。
(※レーシックの場合でも、問題が起こる可能性は高くはありません)。

角膜を元のままの状態にしておきたい方や、レーシックで起こるかも知れないことをあらかじめ回避しておきたい方には、ICLは有力な選択肢ということです。

費用面がデメリットに

お金がないレーシックは普及と共に手術費用もかなり下がってきましたが、ICLの場合は片目で40万円前後と非常に高額です。これがICLの一番のデメリットでしょう。

最上位レーシックの倍の値段です(汗)

手術の内容としては、数ミリ程度に切開した部分からごく小さなレンズを挿入するだけですから、レーシックよりも術後は安定しています。

費用以外には大きなデメリットがないというのは特徴ですね。

また、レーシックで良く言われるような大きく矯正した際の眩しさなどの問題もありません。こうした点から、最近ではレーシックが可能な人でもフェイキックIOLを選ぶ人が増えているようです。
 

フェイキックIOL

「フェイキックIOL」と「レーシック」とを比較してみましょう。 同じ視力矯正手術であるレーシックの場合、先に述べたように角膜の表面を薄く削ってフラップ(ふた)をつくり、その内部にレーザーを照射して視力を矯正します。この方法で多くの人が視力を改善していますが、生まれつき角膜が薄い人や視力が極端に悪い人は角膜を削るリスクが高くなるため受けられません。
このような人は度の強いメガネやコンタクトレンズを使用する以外に方法はありませんでした。しかし「フェイキックIOL」という術式によって、裸眼の視力を安全に1.0以上にまで回復する可能性が高くなったのです。